バイク買取りで必要な書類

バイク買取りで手元に必要になる書類は、やってきた査定士に見せる身分証明書や取引を行うために必要な印鑑の他に、車検証、納税証明書、印鑑証明証、自賠責保険証書、譲渡証明書、委任状などが必要になります。

特に委任してバイク買取りをお願いする場合には、余分に書類が必要になります。

バイク買取り店によって、必要になる書類には違いがあります。

バイクの排気量の大きさでも書類が変わってきます。

そのため、出張査定に来てくれる会社に、直接どんな書類が必要か聞いてから、準備をしておきましょう。

書類が手元に見つからない場合は、正直に業者に伝えて対応方法のアドバイスをもらいましょう。

さまざまな書類の取扱いを代行してくれるところもあります。

時間のない人は、この点も質問しておくといいでしょう。

ローンがまだ残っているバイクを処分したい時は、支払を終わらす前に売ることができるかどうかわからないから、悩む人もいます。

実際、ローンが残った状態でも、バイク買取りは可能です。

ローンを払い終える意思があるかどうかが大切です。

ローンがまだ残っている場合は、所有者の名前がローン会社や、バイク店の名前になっていることが多いのですが、支払ができない時にバイクを担保に入れているということです。

大手のバイク買取り店の場合、査定金額からローン完済分の価格を抜いて取引を行います。

一方、小規模の会社では、こうした手続きが取れないため、ローンが残っているバイクの買取りは行わないということもあります。